横浜駅の写真

【その他】水害ハザードマップの情報提供について

近年の豪雨等により各地で極めて甚大な被害が発生しており、住民が災害の恐れのが高まった場合に
自らの判断にて適切に避難ができるよう、水害リスクの周知を図っていくことが求めれています。


宅地建物取引業者は、取引相手方に対して、契約が成するまでの間に、相手方等が水害リスクを
把握できるよう、当該取引の対象となる宅地や建物が存ずる市町村が作成・公表する水害(洪水・
内水・高潮)ハザードマップを提示することが義務付けられました。


国土交通省が運営する「ハザードマップポータルサイト」を是非ご活用ください。


≪ハザードマップポータルサイト≫
~身のまわりの災害リスクを調べる~
URL:https://disaportal.gsi.go.jp/